シェアする

ストレッチ(上半身・下半身)初級編

シェアする




筋肉が硬いと血流が滞り、疲労物質が筋肉内に残りやすくつかれがのこりやすくなってしまいます。
また、仕事などで部分的に筋肉の緊張が残ったままだとその周辺に痛みを感じたりもします。

経絡の考え方では、特定の心の状態と特定の臓器・筋肉の状態はそれぞれ関係していると言われています。
例えば、腹筋は足を上げる時に必要な腸腰筋が弱くなるとプレッシャーを感じやすくなるそうです。

経絡などの知識がなくても、単に疲労が残って体調が悪いと気持ちまで落ち込みやすくなることは想像できるはず・・。
定期的にストレッチをして、柔らかい筋肉を維持しましょう。

血流が増加して疲れが残りにくい体質になっていきます。

今日は簡単なストレッチのやり方を説明している動画をご紹介します。
やり方の説明の後、一緒に行うシーンが収録されていますので、見ながら一緒にやってみてください。

体の硬い人は無理をせず指導者の女性とは多少姿勢が違っていても大丈夫です。
無理をすると筋肉を痛めたり、帰って硬くしてしまいます。

痛気持ち良い感覚を意識しながら、自分の体と相談しながら丁寧にやってみてください。

「上半身」

うまく見れない方はこちらをクリックしてください。

「下半身」

うまく見れない方はこちらをクリックしてください。


読んでほしい記事へ
ツールバーへスキップ