シェアする

いつからだって大丈夫

シェアする




即席麺の開発に成功した時、私は48歳になっていた。
遅い出発とよく言われるが、人生に遅すぎるということはない。

安藤百福(日清食品創業者) (チキンラーメン、カップヌードルなどの即席麺をつくった日清食品創業者)の言葉です。

ラーメン

即席麺

幾つかの事業を成功させた安藤百福氏ですが、ある事件をきっかけに財産のほとんどをなくしてしまいます。どんな事業も「何か人の役に立つことはないか」「世の中を明るくする仕事はないか」という安藤の確固たる信念のもと行って数々の事業を成功させてきた安藤百福氏は、戦後の貧しい食生活を豊かにする方法を考え抜いた末「即席麺チキンラーメン」を開発しました。そし2014年に世界で消費されたインスタントラーメンの数は1027.4億食だそうです

彼は2007年に急性心筋梗塞のために亡くなりましたが、彼が亡くなった時ニューヨークタイムズで彼の功績が絶賛されました。
もちろん、これほどの成功をしたのは安藤百福氏の才能、情熱があったからでしょうが、どんな人でも、いつからでも人生をやり直せるという良い例ではないでしょうか?


読んでほしい記事へ
ツールバーへスキップ