シェアする

集めたものVS与えたもの

シェアする




一生を終えてのちに残るのは、われわれが集めたものではなくて、われわれが与えたものである

ジェラール・ シャンドリさんの言葉です。

種と若葉

生きていれば「あれが欲しい「これが欲しい」「こうなりたい」と得ることに気持ちが傾くものです。
頑張ったらその報酬として何かを手にしたいと思うのは当たり前でしょう。

ただし、「得た」ものはいつかなくなってしまうものです。
得たものを未来につなげる方法はただ一つ、「与える」ことす。

努力して手にれたものを未来につなげるために「与え」ましょう。
人はいつか死を迎えます。

どれだけ頑張っても独占していては自分だけで終わってしまいます。
たくさんの人にそれを与え、人を育てましょう。

自分の目では見ることができないかもしれません。
しかし、種を蒔けばその種が素晴らしい未来を育ててくれるでしょう。


読んでほしい記事へ

ツールバーへスキップ