シェアする

食事バランスを考えよう!

シェアする




うまく見れない方はこちらをクリックしてください。

服部栄養専門学校鈴木先生章生先生による食事バランスガイドについての解説です。

13分24秒というちょっと長めの動画ですが、前半6分半ぐらいは食育の概念について7分ぐらいから農林水産省が推し進める食事バランスガイド農林水産省実践食育ナビについての基本的な解説が始まります。

一般的な生活をしている人を対象に食事のバランスの取り方が分かりやすく説明してあります。

食事バランスガイド(コマのみ)

    食事バランスガイド

食事バランスガイドとは、食べ物を

  1. 基本5グループ
    主食、副菜、主菜、乳製品、果物のバランスを保つこと
  2. 水・お茶
  3. 菓子、嗜好飲料

に分類して、各分野から何をどれぐらい食べれば栄養バランスがとれるかを考えた農林水産省が推し進めている食事法です。

食べ物は心と体を作る材料です。
食事のバランスが変わることで心や体のバランスも変わってしまいます。

大げさに言えば食事が変わることで考え方、感じ方、生き方、健康・・つまり人生が変わってしまうということです。

食事バランスガイドを意識して食事を選ぶことで栄養のバランスがとりやすくなりますので、興味のある方は頭の片隅に入れておいていただければ・・と思います。

食事バランスガイドについてもっと詳しく知りたい方はCoconaトレーング農林水産省実践食育ナビをご覧ください。


読んでほしい記事へ
ツールバーへスキップ