シェアする

物づくりをする人間の心意気

シェアする



うまく見れない方はこちらをクリックしてください。

物をつくるのならば、たとえ見えないところでも手を抜くべきじゃない。
それが物作りをする人間の心意気というものさ。

今は亡きアップルコンピュータの創始者スティーブ・ジョブズの育ての父がスティーブ・ジョブズに送った言葉です。
彼はこの言葉を大切にし、とことんこだわった物作りをすることでコンピューターの新しい形を作り、アップルコンピュータを世界有数の企業に育て上げました。

人に見えないところなら手を抜いても大丈夫と思っていても、自分の心はそのことを知っています。
人に見えないところにまでこだわって、大切に作るからこそ、その物への深い愛情が生まれ、その愛情が人の心を打つのです。

何をするしろ、他人の目にどう映るかより、自分の心に正直であるかについて考えましょう。
正直でまっすぐな愛が形になった時、その物は沢山の人たちを幸せにしてくれるはずです。
心のための習い事SNSにメンバー登録、またはフェイスブックIDでログインして参加する
開催講座を確認する
新着情報を見る

電話するボタン

ツールバーへスキップ