シェアする

認知行動療法を始める前に知っておいて欲しいこと

シェアする




認知行動療法に取り組むにあたって

認知行動療法に取り組む前に最初に伝えておかなければならないことがあります。
それは認知行動療法は「スキルである」ということです。
何度も何度も練習することで気分を快適に導いたり、快適に導く確率を高めたり、快適である時間を長くするためのスキルなのです。
練習したから必ず気分が100%快適になるわけではなく、ずっと快適でいられるようになれるわけではありません。

しかし、スキルですから繰り返し練習すれば上手になりますし、上手になれば快適な気分でいられる時間も長くなっていきます。

最初はうまくことは少ないでしょうが、
スキルに対する取り組みの負担を受け入れること
スキルを習得するための時間が必要なこと
を受け入れて練習し続ければ

気分を快適に保ち、維持することが上手になっていきます。
そのためには認知行動療法に取り組むことの価値をまず、十分に理解しいつでも確認できるように明文化しておくことが役に立つでしょう。

認知行動療法を始める前に知っておいて欲しいこと

ツールバーへスキップ