シェアする

潜在意識は主語が理解できない・・

シェアする




「他人を幸福にするのは、香水を振りかけるようなもの ふりかける時に、自分にも数滴はかかる」

ユダヤの格言です。

潜在意識の理論では「潜在意識は主語を理解できない」と考えられています。

潜在意識は論理的ではなく、イメージや感覚からのメッセージを強く受けるからです。

  • 人の幸せを願えば、それは自分の幸せを祈ったことになります
  • 人の成功を祈れば、それは自分の成功を祈ったことになります。

反対に

  • 人の不幸を願えば、それは自分の不幸を願ったことになります。
  • 人の失敗を願えば、それは自分の失敗を願ったことになります。

潜在意識はイメージや感覚から受け取ったメッセージを実現しようとパワフルに働きます。
潜在意識のパワーは意識全体の70%〜90%といわれています。

ですから、潜在意識はとてもパワフルで、潜在意識に入ったメッセージは実現される可能性がとても高いのです。

祈り

人の幸せを願うことは自分の幸せを願うこと!

ある有名なプロゴルファーは、相手のパットが入ったら、自分はこの試合に負けてしまうというときにも、心のそこから「そのパット入れ〜!」と祈るそうです。
なぜなら、それは自分の勝利への一番の近道だからです。

ツールバーへスキップ