シェアする

何を見つけるか?

シェアする




「人は幸福の時は偉大に見えるかもしれないが、真に向上するのは不運の時である」

フリードリヒ・フォン・シラーの言葉です。

人は幸福を求め、幸せになっていくべきです。しかし人生には不運がつきものです。望まない試練が訪れた時、そこから学び、成長の種を見つけることが自分を向上させてくれるのです。

発見

不運から何を発見できるかが人生を大きく変えるでしょう!

もしも望まない不運がやってきたら、それを受け止めこれまでの当たり前を見直すチャンスと考え、新しい何かを発見してみましょう。

そうすれば、その不運がやってきたことに素晴らしい意味が見出せるようになるはずです。

ツールバーへスキップ