シェアする

ユジャン・バフチャル Evgen Bavcar

シェアする




ユジャン・バフチャル1946年、スロベニア(旧ユーゴスラビア)生まれの人物で、パリに住んでいました。

12歳で視力を失って、その後、歴史や哲学を学びながら16歳で写真の制作をはじめたと言われています。

カメラ

盲目のカメラマン

ユジャン・バフチャルの話を聞いて検索してみると、すぐに作品が見つかりました。

「目が見えないのに・・どうしてこんな幻想的な写真が撮れるのだろう!?」

驚きです。ユジャン・バフチャルの写真は本当に好きなことであれば、人には不可能を可能に変える力があるのだと感じさせてくれます。

困難を乗り越える力が欲しい時、ユジャン・バフチャルの写真はその力をあたえてくれるはずです!

ツールバーへスキップ