シェアする

成長や進歩に目を向ければ・・

シェアする




「人は幸福の時は偉大に見えるかもしれないが、真に向上するのは不運の時である」

フリードリヒ・フォン・シラーの言葉です。

向上

成長や進歩に目を向けて・・

人は幸福でありたいと思うものですし、人から敬意を向けられたいと思うものです。しかし、幸福の中で他者から敬意を集めている時よりも、不運に見舞われてもそこから脱出するときに生まれる創意工夫、パワー、経験が自分を大きく成長、進歩させてくれることはまちがいないようです。

できれば不運には巡り合いたくないものですが巡り合ってしまった時は、そこから得られる成長や進歩に目を向けてみましょう。その後の生き方が大きく変わるかもしれません。

ツールバーへスキップ