シェアする

「上手な愛し方」と「あたたかな愛し方」

シェアする



うまく再生できない方はこちらをクリックしてください。

結婚直前の娘の回想シーンがCMになっています。

子どもの頃お母さんのすることが嫌いだった娘ですが、お母さんの「あたたかい愛」を感じて育ったことを思い出します。

娘の愛し方が上手ではないお母さん・・でもあたたかな愛を娘に注ぎ続けたお母さん・・

上手に愛せなくても「あたたかな愛」を注ぎ続けることで、人は優しく、大きく、素敵に成長していくものですね。

失敗しても大丈夫!!大切な人に「あたたかな愛」を注ぎ続けましょう。

きっと最後はみんな幸せになれるはずです。

ツールバーへスキップ