シェアする

それがどう見えるかは・・

シェアする



うまく再生できない方はこちらをクリックしてください。
いつも疲れ果てて家では寝てばかりいる父を軽蔑していた娘が、偶然父が働いている時の姿を見て、父親への見方が変わったというお話です。

理不尽な謝罪を要求されて若い社員が「なんでこっちが謝るんですか?」と不満を言った時、「お前も守る者ができればわかるよ」と伝えます。その言葉を聞いて娘の父親への見方が変わるのです。

昼寝する男性

いつも疲れてて・・カッコ悪い!

親子に限らず大抵の場合、軽蔑や侮蔑は相手に対する無知から生まれるのではないでしょうか?一人一人に想いがあって、一生懸命生きていることを知れば、大嫌いな相手でさえ許したり、好きになったりすることもあるかもしれません。
もっと他者に興味をもって生きることで、もっともっと幸せな生き方ができるのではないでしょうか?

ツールバーへスキップ