シェアする

お手伝い券

シェアする



うまく見れない方はこちらをクリックしてください。

不器用なお父さんのお話です。

娘にも奥さんにも気の利いた言葉を伝えられなかったお父さん。ただコツコツと一生懸命働いて定年退職を迎えます。

定年退職の日、娘が幼い日に作って渡してくれた「お手伝い券」を娘に差し出して、「お母さんに礼をいうのを手伝ってくれないか?」と頼みます。

ずっとずっと「お手伝い券」を大切に持っていたんですね。

怒ってるお父さん

ホントは優しいお父さん

お父さんはお手伝い券を使って娘と一緒にお母さんのために食事を作ります。

お母さんに感謝の気持ちを伝えるために・・

ツールバーへスキップ