「 贈る言葉 」一覧

刑務所慣れしていませんか?

刑務所慣れしていませんか?

自分を否定しながら生きるのは辛いものです。それは自己否定という名の刑務所にいるようなものです。全ての自由を奪われ、自分の意思では生きられなくなってしまいます。しかし、長いこと自己否定の刑務所にいると、シャバ(平和で自由な世界)へ出ることが怖くなってしまいます。自己否定の刑務所に慣れてしまって、そこが自分の居場所になってしまっているからです。しかし、自由に生きたいなら、自分の意思で自分の人生を掴み取りたいなら、自己否定の刑務所を出てシャバで暮らす必要があります。

前に進め

前に進め

運命は時に過酷です。
自分が関わること全てがうまくいかなくなって、「もう何をやっても状況を変えられない」と思ってしまう瞬間が訪れることもあります。
そんな時は
 「なりたい自分になるために」今できることをやり続けましょう。
毎日前に進み続ければ、今の大嫌いな景色はドンドン遠ざかって過去へと変わっていきます。
立ち止まって、悩んでその場に立ち尽くすより、今できることを見つけてやり続けて一歩でも前に進んでいきましょう。

思い出せば良いのです

思い出せば良いのです

どんな時でも強い人なんていやしません。気持ちが弱くなって、逃げ出したり、諦めたり、動けなくなって立ち止まってしまったりするものです。そんな時は後悔する事も、嘆く事も、自分を責める事も必要ありません。少し休んで力を取り戻したら、また前に向かって歩き始めれば良いのです。休憩なしで歩き続けるなんで無理なんですよ。

1日の終わりには自分を褒めてあげよう

1日の終わりには自分を褒めてあげよう

寝る前に使った思考や感覚は睡眠に強い影響を与えます。ですから夜寝る前に自分を責めたり、後悔したりしてネガティブな思考や感覚を使ってしまうと、寝ている間もずっとネガティブな思考や感覚を使い続けることになってしまいます。

使った感覚はドンドン強くなっていく(ルーの法則)ので次第にネガティブな思考や感覚が強くなってしまいます。ネガティブな思考や感覚が強くなると楽しいことが減って、辛いことが増えてきます。
夢や希望が持てなくなって、人生がつまらないものになってしまいます。

スポンサーリンク
ツールバーへスキップ